2022.4 Hawaii vol.33 Day7① 「日本帰国72時間前 PCR検査」

2022年9月7日(水)より!海外から日本へ帰国される方について、ワクチンを3回接種している場合、帰国前PCR検査が免除となります!

*接種ワクチンの種類は日本政府が認めているものに限ります

2022年8月24日現在、厚生労働省のHPには上記情報はアップデートされていませんが、気になる方は随時チェックをしてみてください♪
厚生労働省公式HP⇒水際対策|厚生労働省|日本政府 (mhlw.go.jp)

7日目はまず、朝から予約してあったPCR検査へ🏥
今回は、検査予約・ワイキキにある検査機関・当日の検査の様子・検査結果・渡航情報収集先まで注意事項を含めご紹介します!

コロナ禍の海外旅行 日本帰国前PCR検査 いつ予約するのがBEST?

2022年8月6日現在、引き続き海外から日本に帰国する場合、どの国からであっても日本政府指定フォーマットによる「コロナ陰性証明書」が必要です📄2022年9月7日以降日本に到着される方から(ワクチン3回接種済の場合)不要となりました🙌

検査時に陽性反応が出てしまうと、日程通りに帰国が出来ず、隔離(5日間)・療養・帰国72時間前PCR検査・回復証明書取得が必要になります。
異国の地での診察・投薬・宿泊先の確保・航空券の再手配など、実際陽性となってしまったら、本当に大変なことになりますよね🥶

各所手配や支払いの心配もありますので、クレジットカード付帯の海外旅行保険に加え、別途コロナに罹患した場合に補償の対象となる海外旅行保険に入っておくと安心ですね。

私の場合「日本帰国72時間前のPCR検査」の予約は"ハワイに無事到着してから"現地で予約をしました。
理由として、私が予約しようと思っていた検査機関は、『キャンセル料が発生する』と記載があった為です。
無事ハワイ行の飛行機に搭乗出来るかどうかも心配だったため、無事ハワイ到着後の予約としました。

キャンセル料が発生しない検査機関の場合は、日本で事前に予約を済ましておく方が安心かもしれませんね。

日本帰国72時間前って実際どうやって計算する?

「72時間前」というのは、どこを起点としているのか?不安になりますよね。

帰りの便 ハワイを出国する飛行機の現地出発日・出発時刻が起点となります。

例)帰国便 4月9日 正午12:00発 の場合

72時間前は?…4月6日 正午12:00以降から「検体採取可能」になります

心理的に、なるべく早めに「陰性証明」をgetして『帰国確約』をしておきたいですよね。
(検査機関では、48時間前の検査を奨励していることがあります)

検査機関で予約する際、上記のようにご自身で計算した上で予約が必要です。
計算を間違えて「無効」とならないよう気をつけましょう😊

ワイキキにある「PCR検査機関」は?

観光客が行きやすいワイキキ内・日本語OKの「PCR検査機関」をいくつかPick upしておきます。
旅行先で陽性判定となり「帰国困難者」となってしまうケースがあるようです。その場合に備え「医師常駐」の検査機関を選択しておくのもおすすめです。

医療機関名場所階数医師常駐URL
聖ルカクリニックワイキキショッピングプラザ2F×https://www.st-lukesclinic.com/
ワイキキPCR検査センター4F×https://www.lealeaweb.com/pcr
相馬クリニックバンクオブハワイビル1Fhttps://www.pcrhawaii.com/
ワイキキ緊急医療クリニック3Fhttps://waikikipcr.com/
アロハPCRテストセンターbyロバーツハワイ6F×https://jp.robertshawaii.com/oahu/pcr-testing/

ワイキキビーチコマーから徒歩1分の「ワイキキショッピングプラザ」の外観はこちら↓
以前 地下に"ワイキキ横丁"があったビルです。

Waikiki shopping plaza
Google Mapより引用

ワイキキビーチコマーから徒歩5分の「バンクオブハワイビル」の外観はこちら↓
1-2Fに"ロングスドラッグ"があるビルです。

Bank of Hawaii Building
Google Mapより引用

私が予約したのは「ワイキキPCR検査センター」


今回私が予約した検査機関は、ワイキキショッピングプラザ4Fにある、「ワイキキPCR検査センター」です。
なぜここにしたのか?というと…

1)宿泊先のホテルから徒歩1分
2)HIS系列の検査機関で日本語OK
3)検査料金も他と比べ大差なし

検査内容は?
✔採取検体:「鼻腔ぬぐい液」
✔検査方法:「核酸増幅検査(real time RT-PCR法)
✔検査料金:$150.07(tax込 検査結果12時間以内)

検査時間30分前より「飲食・歯磨き・喫煙禁止」です!
時間通りに行くとすでに予約されている方が複数名いましたが、予約内容・本人確認後、スムーズに検査が進み、TOTAL15分程であっという間に終了しました。検体採取時も常に日本語で指示をいただけるので安心です!

気になる検査結果は?

検査結果の通知が12時間以内に届くプランを選択していましたが、実際結果のメールが来たのは検査から6時間後でした!

メールを開きログインし、検査結果を見るのに若干 手が震えましたよ~😱
結果は?…二人とも無事陰性🙌😊🙌
心からほっとした瞬間です☺️

念のため紙ベースでも「陰性証明書」が欲しかったので、当日中に改めて検査センターへ伺い 追加料金なく紙でいただきました📄
そして事前に途中まで申請してあった「My SOS」へ登録をします。

最後に「コロナ禍おすすめの渡航情報収集先」をご紹介♪

コロナ禍での海外旅行、やはり最大のネックは「旅行中のコロナ罹患の心配」「帰国72時間前のPCR検査」ですよね。
最近「帰国困難者」のニュースも話題になっています。
以前のように、心軽く渡航を決めるのが難しく『リスクを受け入れる覚悟で旅行をする』心持ちが必要ですし、日々渡航条件が頻繁に変わり、渡航に伴う情報収集も重要です。

そこで私が参考にしている情報収集先をご紹介します♪
渡航が近い方は、是非ご覧になってみてください!
渡航準備の際かなり参考になりますし、渡航中も合わせてチェックをしておくと安心です。

「厚生労働省HP」ファストトラック (mhlw.go.jp)
「週末海外ノマド「ダイスケ」https://youtu.be/Qdr9lbSGRIo
「ちゃんすぅWorld」https://youtu.be/LytMGCg4zLE

誰もが行きたい!と思った時に、心置きなく海外に行くことが出来る♪そんな平和な日々が少しでも早く戻ってきてくれるよう願うばかりです🥺












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。