2022.4 Hawaii vol.27 Day5⑩ ヒストリック タウン ハレイワ

ヒストリック タウン ハレイワ🌊

ミリラニから「ハレイワタウン」へ。車で約22分、距離は22kmほど。
ワイキキからは車で約1時間の距離です。

haleiwa Beach park-map
Google Mapより引用

オアフ島北部の「Haleiwa town」は、古き良き時代のアロハスピリッツを今でも感じることができる、ヒストリック タウン。
かつて日系人が多く移り住み、サトウキビ畑を開拓し発展を遂げた街です。
冬はBig Waveが押し寄せ、世界中から多くのサーファーが集まり、主要な大会が開催されます🏄‍♂️
冬を過ぎると穏やかなビーチに戻ります。

景観保護法により、ワイキキのような高層建築物は一切なく、木造建築の低層でレトロ&落ち着いた外観色のノスタルジックな街並みが建ち並びます。お馴染みのマクドナルドも定番カラーの「赤&黄色」ではありません😲
ハレイワに行かれた際は、マクドナルドを探してみてくださいね🎵
落ち着いた配色にびっくりしますよ😁

また、お洒落なセレクトshopも多数あり、歩きながらゆったり散策するのがおすすめ!
夕方17時に閉店するshopもありますので、お目当てのshopがある場合、事前に調べておくと安心です。

Haleiwa town-2
Liliuokalani Protestant Church

ハレイワビーチパークでアクティビティ

次の予定は「水中スクーター」をKawaii Hawaii Tourさんにオプション($20/台)でお借りし、海で楽しみます🌊
楽しむのは、私ではなく息子です!私は泳げないので、基本海には入りません😁
水中スクーターの充電が切れる20分程の間、自由に使用させてもらえます!

Haleiwa town-4
Haleiwa Beach Park

いざ海へ!!!

息子は当日コンタクトレンズをしておらず、また水中スクーターのファンの影響で海中の砂を巻き上げるらしく、視界ゼロだったようで、思うように楽しめなかったそうです😭 コンタクトを装着し、もう少し深いところまでtry出来れば良かったのかもしれません。
波はご覧の通り、とても穏やかでした♬ トイレやシャワーも完備されています。

老舗サーフショップ「サーフ・アンド・シー」へ

「SURF N SEA」

1965年 ハレイワで一番最初にOPENした老舗サーフショップ

住所:62-595 Kam Hwy Haleiwa 96712 
営業時間:月~日 9時~19時

店内にはサーフボード・ウェットスーツなどのアイテムを多数取り揃え、水着・Tシャツ・サンダルなどのアパレル商品やオリジナルグッズも所狭しと並んでいます。お土産選びにも最適ですので、サーファーの方でなくても楽しめます。
店員さんも皆さんフレンドリーで、日本からオンラインでの購入も可能ですよ♪

サーフィンスクールや、スキューバダイビング、SUPレッスンの申し込み可能!
また、shopが入っている建物は1921年建造!まさにノスタルジックな外観・店内を堪能することが出来ます😊

気になる方は是非公式HPをご覧ください⇒「SURF N SEA」

Haleiwa town-10
このボブ・マーリーの壁画が撮りたかった!

ハレイワのランドマーク!「レインボーブリッジ」🌉

Haleiwa town-11

通称レインボーブリッジはサーフ・アンド・シーのすぐ近くにある、アナフル川に架かる歴史的な橋です。
なんとこちらも1921年建設!101年も前に造られているなんて!改めてびっくりしました😲

正式名称は「ANAFULU STREAM BRIDGE」
"アナフル"とはハワイ語で"🌈虹"の意味だそうで、橋自体は白色ですが、橋の形がアーチ状になっていることから"虹"という名前になったようです。

昔から現在に至るまで、ずっとこの地で重宝され、歴史的な背景もある中で色々な人が様々な思いでこの橋を渡ってきたと思うと、非常に感慨深い😭

ここも私が好きなアーティストのミュージックビデオで使われていたので、間近で見たい&写真に収めたくて今回ツアーに組み込みました♬

ハレイワタウンでの滞在時間は1時間20分。また改めて何度でも来たくなる♪そんな気持ちになるスポットの1つです♪

次回はいよいよDay5ラスト!カカアコでのディナー調達と、購入したものをお届けします✌️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。