2022.4 Hawaii vol.45 日本帰国後の「自宅待機」と「待期期間短縮申請」

ハワイ帰国の翌日から「7日間の自宅待機」始まります

帰国時の羽田空港のPCR検査で「陰性」となりましたが、私と息子はともに「ワクチン接種2回のみ」のため「帰国翌日から7日間 自宅待機」が始まりました。
『ワクチン3回接種済み』の方は『待期期間0日』のため、この差は非常に大きいですよね。

9月現在は、ハワイから帰国の場合、自宅待機などの必要はありませんが、備忘録として投稿します!
当時の「自宅待機」の様子と、自主検査による「待期期間 短縮申請」についてお伝えします。

自宅待機中 毎日複数回「My SOS」からの通知に回答が必要

自宅に到着後、アプリ「My SOS」に「待機場所の登録」をします。
人によっては、ホテルなどの宿泊施設で待機した方もいらっしゃったかもしれませんね。

「7日間の自宅待機」は『帰国日は0日目』となり含まれません。
翌日から1日目がカウントされます。

早速 帰国の翌日から「My SOS」より通知が届きました。
通知がきたら即 回答や応答をする必要があります。
方法はいたって簡単で、アプリ内に表示されたボタンを押すだけです。

具体的な通知内容は…

①現在地の報告⇒1日2回(AM・PM)
午前と午後に1回ずつ通知が来ました
通知が来たらすぐボタンを押して回答します

➁健康状態の報告⇒1日1回(AMが多い)
自身の健康状態に該当するボタンを押して回答

➂ビデオ通話への応答⇒1日1回(日中)
アプリの着信に応答し、30秒ほど「自分の顔+背景」を映しながら着信が自動で切れるのを待ちます
(相手はいませんので、無言のままでOK)

上記の通知義務を毎日繰り返します。
上に貼った写真の下部に「正当な理由なく、健康状態や位置情報の報告を怠った場合など、誓約書に違反した場合は、氏名や感染拡大の防止に資する情報が公開されることがあります」と警告のような文書があり、ルールは守っていましたが、真面目な私は若干ビビりながらの日々でした。

特にシュールだったのが、➂ビデオ通話です。
相手がいないので、話す必要はありませんが、着信が自動的に切れるまでの間 「化粧をしていない ひどい自分の顔+背景」が自分のスマホに映り、見るに堪えない&録画されているであろう不快感が否めなかったです😱
なら、せめて化粧しとけよ!って話ですが😅
私の体感では、通知が来るのは日中のみで、夜間に通知が来て回答するような日はなかったです。

待機期間中は、恒例の「フォトアルバム作成」でPC編集に熱中しており、退屈を感じることはなく有意義に過ごすことができました♪

「PCR検査キット」自主検査による「待期期間 短縮申請」にTRY

20220410kikokugotaiki-2

待機3日目以降に自主的に"PCR検査"を実施し「陰性証明書」を「My SOS」にアップロードし受理されると、その時点で待期期間 解除となります。しかし、政府に認められた検査機関で実施する必要があります。

有効な検査方法は「PCR検査」「抗原定量検査」に限られます。

渡航前に自宅付近の検査機関を調べたところ、
□選べるほど認定された検査機関がない
□検査料が1人¥3万超え

主要都市在住の場合、1人¥2,000程で済むところ、¥3万以上もかけることは出来ないので、渡航前にPCR検査を実施した、羽田空港内にある『木下グループ』で「PCR検査キット」を購入しておきました。
料金は1箱¥2,500です。

↓キットの内容物や詳細はこちら↓
検査に必要な器具から、郵送用の箱・宛名ラベルまで全て同封されています。
1点分かりづらかったのが、容器の種類が2種あるようで、記載はあるものの、どのあたりまで唾液を入れるのが正解なのかイマイチ不安でした。

3日目の早朝、早速唾液を採取し、最寄りの郵便局がOPENする時間に合わせて発送しました。
郵送料は別途負担が必要です。
また、待機3日目以降 自家用車による「自主検査のための検査機関への移動」は認められています。
検査機関に出向くことが可能な方は、検査実施⇒検査結果判明⇒My SOSへ陰性証明書のアップロード⇒申請が受理されれば、早くてその日の内(3日目)に待機終了の通知が届き、晴れて解放!となるのですが、郵送となると時間がかかります。

「PCR自主検査」郵送の場合、いつ待期期間 解除!となったか

結論からお伝えすると…「5日目の19時頃」で待期期間 解除となりました

検査キットの木下グループへの到着が待機4日目
⇒検査結果メール着が待機5日目 17:30頃/18時頃「My SOS」へ結果をアップロード/19時頃 待機解除の通知あり

18時頃「陰性証明書のアップロード」をしたので当日中の解除は無理かな?と思っていたところ1時間程経過した19時頃「待機解除」の通知が届き、ありがたかったです☺️

7日間フルで待機するよりは、2日間早く解放された!という結果となりました。
自然豊かな田舎住みの場合、不利なことが多いですが仕方ありません。

ワクチン接種については、賛否両論ありますが、今後の海外渡航に限って言うのであれば、3回接種済みの場合、
「日本帰国72時間前の現地でのPCR検査免除」となるのは非常に影響が大きいので、個人的には次回の渡航に間に合うよう3回目の接種を検討したいと思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。